hammocker's BLOG.

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

コンタクトの外し方



7年くらい前だったか?

ある日突然 顔面神経麻痺になり、顔の右半分が麻痺して動かなくなりました。
まぁ、根が楽天的なもので特に深刻に考えることもなく、
麻痺自体は1ヶ月ほどで完治したのですが、
ド近眼の私には右目にコンタクト・レンズが入れられないのが唯一の不自由。

そんな理由でハード・コンタクトからメガネに変えたんですが、
何となく視野を狭く感じたり、クリア感がイマイチに感じたり・・。
まぁ、不満を抱えつつもメガネで7年がたちました。

そして今回メガネが壊れたのを機に、またコンタクトにしようかと思い、
とりあえず眼科へ行ってみた。

自分の名前が呼ばれ、視力検査ブースへ。
そしたら、まぁ~・・。
1番上のデッカい『C』の文字が全く見えまへん。。。
『C』が上下左右に分身して見え、貞子の呪いの文字かと思た。

もう、全くお話にならないので、
検眼係りのオネ~さんがA4くらいのボードを持ってきました。

ボードにはヘルベチカ・ボールド800ptくらいの極太文字で、
『C』って書かれていた・・。

オネ~さんはそのボードを持ちながら

「ここから近づいて行きますので、見えたら手を上げて下さいね。」

と言った。


って、もう測定不能のド近眼ってコトで ええんちゃうのん!

私の横で検眼待ちをしていた女子高生が
”このオッサン、どんだけ め~悪いねん!”
と言うような視線で私の検眼を見学されておりました w

検眼とレンズの度数合わせが終わり、コンタクト・レンズ装着完了!!
今回はソフト・レンズなので違和感も全く無し!!
視力は1.2に矯正され、
目に入って来る光量が前とは違うと感じるほどクリアな風景に感動していると、
またオネ~さんがA4サイズほどの紙を差し出して、

「この文字が読めますか?」と聞いて来た。

紙には雑誌サイズから文庫本サイズの文字で文章が書かれていた。

私はそれを手に持ち、読もうとしたら・・、
また貞子の呪いの文字かよ・・

コンタクトで視力を矯正すると手元の小さい文字が見えづらい・・。
そりゃぁ、あ~た、アレですわ w
解っていたけど とりあえず最終宣告がわりに聞いてみた。

「老眼ですかっ w」

すると係りのオネ~さんは言葉を濁しつつ、
 
「そうですね。いわゆる老いです。」
「いちど瞬きして見て下さい。」

私:「あ、見えて来ました」
係:「まだお若いから時間差で見えて来るんです。」
私:「これは訓練とかで治ったりするんですか?」
係:「残念ながら。。今はまだお若いから遅れて見えてきますが。。」

ん? 
さっきから何度も連呼される 「ま だ お 若 い か ら 」 ちゅ~響きっ w
なんか ちょ~気を使ってくれてるみたいだけど、気にしなくていいのに w w

レンズ調整が終わったあと、
ソフト・コンタクトの着脱方法と手入れ指導を受ける別ブースへ。
出て来た白衣のオネ~さんが ちょ~ベッピン!

「それでは取り外し方の説明をします。少し動かないでくださいね。」

と言ったかと思うと、私の下瞼を指でギュッと押し下げ、
もう片方の親指と人差し指で私の目ん玉を摘んでコンタクトを取り出した。

え~~~っ! なに〜ぃ? このプレ~~~!!!

想像を絶する新手のプレイに笑いそうになりました。。

ソフト・コンタクトは目玉をつまんで外すのが基本だとは言え、
オネ~さんは毎日こんな新手のプレイまがいの行為をしているのかっ!

つか、日常で あり得へんやろ~。。
いきなりベッビンのオネ~さんに目ん玉つままれるって・・。

これは別世界に強制開眼させられて帰って行く男子もいるんじゃないの?
まさに 「 か  い  が  ん  」と薬師丸ひろ子のようにつぶやいて・・。

なんか心の奥底に眠っているMの扉を強引に開かれた気分。
最初はノックするか、心のインターフォンを押すもんでしょ・・ w w
ベッピンだが、心はダイハード級に戦闘好きなドSだわ。
佐々木望 似のブルース・ウィリス 。

これは帰り道で妄想爆死するかもな~ w
しかし あの目ん玉つまみ係がオイリーなオッサンだったらと思うと悪寒が走るな。


スポンサーサイト

| たわごと | 02:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

迷子


マクドナルドへ行くと高確立でイライラさせられる件



kuriyama.jpg



DVDレンタルへ行った帰り道、
その近くのマクドで いっぷくして帰ろうと入りました。
店内は意外と混んでいて、3つある注文カウンター前に人が並んでいました。

私は何気なく真ん中の列に並び、カウンター上のメニューをにらみながら、

”ダブルバーガーかビッグマックのどっちが食いたいの?”

と心の中に居る、優柔不断なリトル仙人に問いただしておりました。

すると斜め前方から5才くらいの女の子がトコトコと横切ったかと思うと
私の右隣で立ち止まり、スッと私の右手を握ってきました。
そして そのまま私の顔を見上げることも無く前を凝視していました。

私は、えっ、何? 
と驚きつつ、多分これは お父さんと間違えてんねんなぁ。と・・。

しかし このご時世、無駄に声かけんのも問題だし、
かと言って手を握ったままだと、
おっちゃんが マックシェイクのチョコこーたげよかぁ~。へへへ。
と、女児を言いくるめるロリコンおやじみたいだしなぁ~。
と思いながら、

「お父さんとちゃうでぇ。」

と言って手を離し、ズボンのポケットに手を入れました。
すると、女の子は私の顔を見ようともせず、
私のズボンのポケットに手を入れて来てまで手を握ろうとするではありませんか・・。

げっ・・。
それは あかん!
完全にお父さんと間違えられてるのは良いとしても、
1つ対処を間違えれば 周りから ”変態オヤジ” の異名を欲しいままにしそう状況だし。

慌てて手を出し、中腰になりつつ女の子に
「どうしたん? 迷子か? お父さん おらんようになったんか?」
と聞いてみた・・。

女児:「無言・・・。」

気のせいか、隣の列のカップルが何やらヒソヒソとこっちを見ているような気が・・。

仕方ないのでマクドのオネ~さんに預けようと、
周りを見渡して探してみたが、カウンター内にしか見当たらない。。
しかも、握る手が無くなった女の子が私のフィールドジャケットのスソをギュッと掴んで離さないし・・。

これは参ったなぁ。
困ったなぁ。。

あと2人ほどで自分が注文出来る番だし、
その時にマクドのオネ~さんに事情を話して親御さんを探してもらうしか無いかぁ。

と、思っていると、
ツカツカと爺さんが近寄って来て、私の顔をイラつく視線でチラ見し、
サッと女の子の手を引っぱって連れて行っちゃいました・・。

ムカ~ッ! 

おい! ちょ~待ったれや、ジジィ~!! 
済みませんとか何とか、一言あぁるやろっ!ボケ!!
どうせ慣れへん注文に手間取って女の子から目を離したんちゃうんかい!
そんで女の子を不安な気分にさせたんもオマエやろ!!
そやのに、なに人のこと誘拐犯みたいな目でみとんねん!あほんだら!


と、思わず ギャートルズの飛び出て砕け散る石文字のように口をつく言葉を
喉元でグッと止めて・・・・。

まぁ、わかるんよね〜、その気持ち。

最近も女児の行方不明が多発してるしね。
親のほうはロリコンだのストーカーだの色々心配なんよね。。
また男性も痴漢冤罪みたいになりたく無いから、面倒な事に関わりたくないしね。
私も犬の散歩中によく女児に話しかけられるけど、気をつかうもん。
そうやって地域や人間関係が崩壊して行くんだろうな・・。

それにしても最近は冷静な状況判断も出来ない糞ジジイが増えてて困りますわ。
近頃の若者は!!
などとよく言うけど・・。はぁ? 片腹痛いわ!

で、私のこのイラつき、どこに収めたらええねん。。。

イライラ~、ムカムカ~と、
気持ちがおさまらない帰り道、色々な思いが頭の中を駆け巡りました。
何より、女の子がポケットに手を入れて私の手をにぎって来たあのシュチエーョン!

あれが あんなババ垂れな女児じゃなくて栗山千明だったらなぁ・・・。
いや!むしろ何で栗山千明みたいにベッピンなオネ~ちゃんとちゃうかったんや!!


と言う妄想てき結論。

やっぱ、そこやろ・・・。




| たわごと | 02:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。