hammocker's BLOG.

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Bruce Springsteen




Bruce Springsteen - Hungry Heart




小1の頃、音楽の授業で「ドナドナ」と言う唄を習った。

荷馬車に乗せられた子牛が売り飛ばされてゆく

自殺したくなりそうなほど救いようの無い歌詞と

終始マイナーコードで展開されるドン底感全開のメロディー。

可哀想すぎて 悲しすぎて 大嫌いな唄になりました。


でも、音楽を聴いていてメロディーが琴線に触れたり 共感したりで

感情が高ぶり、泣きそうになった曲は多分コレ↓だったはず。




当時15才だったのかなぁ。

普通の15才らしく日本の正しい童貞小僧だった訳で、

当然ボルティモアに女房子供もいなかったし、

キングスタウンのバーで知り合った彼女もいなかったけど、

どこから湧いて来るのかわからない 何の裏打ちも無い自信だけはあったな~。

この歌詞の本意じゃないHungry Heartですかね w



後にそんな根拠の無い自信はボロボロと崩れてゆき、

30過ぎて初めて感じた真のビールの旨さのように、

オッサンと呼ばれる今の年齢になって改めてこの曲の深さを感じますw




このLive は95年のパフォーマンスのようでBOSSの声も(歌だけ録り直し?)

アルバム「River」発売当時のレコードより味わい深く、

歌詞の説得力も増し、より哀愁を感じてまたまた泣けてきますね。。。



その後BOSSは自身の思いとは裏腹にアメリカのイコンに祭り上げられる訳ですが、

日本の立ち位置でイコンと言うと天皇陛下なのか ? (爆)

決してBOSSの模造犯、長渕では無いコトは確かですが。。w


つーことで、見通しの悪い人生、漂流中 でございます......。

スポンサーサイト

| music | 12:35 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Lanterns on the Lake


Lanterns on the Lake -

                   Until the Colours Run



until.jpg





20代も後半にさしかかった頃だったか?
夕暮れ時に近所のお惣菜屋へ酒の肴にする”おでん”を買いに行った時のこと。
私が何も容器を持参しなかったもんだから、
買った”コンニャク”と”おでん汁”を透明のビニール袋に入れ、
輪ゴムで縛って渡してくれた。

そのとき ”おでん” でパンパンになった袋を手に下げた私の姿を
上から下へと見下ろしながら惣菜屋のオバチャンが言った。

「おに〜ちゃん 若いし、お腹減るやろ? これサービスしとくし、これも食べ 」

と  ハムカツ(ひき肉と野菜をカレーで炒めてハムで巻いたのをフライした物)
の1パック3個入りをサービスしてくれた。

帰り道、「ラッキー!」と思いつつ、
なぜ私の姿を見てサービスしてくれたのかなぁ。
と考えていて、ハッ!と気がついた。

そのとき私が着ていたリーバイスの3rd.
インディゴの良い感じの色落ち具合や袖口や襟周りなどのクラッシュ加減が気に入って
古着屋で買った一品。

きっと惣菜屋のオバチャンの目には服も買えず、ボロをまとった長髪の若者が
ポケット銭を叩いてコンニャクばかりを買って行くように映ったんだろう。。
不憫な子やなぁ〜。
って... 。

第一印象 ”不憫な人”・・ w

でも そのGジャン、けっこう高価だったんだけど・・。


さてさて、Lanterns on the Lake が 2nd アルバム
”Until the Colours Run” をリリースしました。






これが前作にも劣らない快心作!
肌寒い小雨の日のような、愁いを帯びたメロディーが
荒み行く心を潤すように染みて行きます。

しかし相変わらず日本じゃ人気無いんですよね〜、この人達。
多分、地味な印象が良く無いんだろう。
地味に聴こえるサウンドも、冴えないファッションも
若いのか中年なのか よう解らん この人達のルックスも、
見る人によってはハムカツをサービスしたくなる感じかも・・w

一聴してインパクトを感じるキラー・チューンってのは無いけど、
ジワジワ〜と染みて来るし、
聴くたびに味が出て来る素晴らしいアルバムなのに・・。
やっぱ日本じゃタレント性が重要なポイントなんだろうね。

人間も音楽も見かけじゃなく中身が重要だと言うのは真理ではあるが、
人でも何でも内に秘めた人間性や性能は
ある程度の接触がなければ理解出来ないし シンパシーも感じない訳で、
やっぱ人の判断を左右する上での第一印象って大きいんだろう・・。








| music | 17:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Lamp


Lamp - ゆめ





lamp.jpg



自他ともに認める”オッサン”な年頃になると、
初見の音楽が琴線に触れることが少なくなって来るようです。
神経が鈍くなると言うのか・・。

その反面、ベタなメロドラマで簡単に泣いてしまいます;;
あれって、どう言うことなんでしょう?
琴線に触れないのに泣けるって、パブロフの犬的な条件反射なのかなぁ。。
あっ、これ可哀想なヤツや。 = 涙。 みたいな、
心を経由せずに脳が涙を流す指令を出すのかな?

しかし、そんなユルユルで張りの無いオッサンの琴線を久々に調律してくれるバンドが登場しました!!
追って他のアルバムを買おうと言う気になるほどハマるバンドって何年ぶりだ?
しかも日本のバンドで。。

それが Lamp と言う日本の3人組なんだけど、ほんと素晴らしい!
60s後期〜70s中期あたりのソフト・ロックとかフォークとかブラジル音楽とかプログレまでが混ざり合い、
それでいて邦楽。
こう言う言い方をしちゃダメかもしれないけど、A&Mなニュー・ミュージック。




日本の音楽だから、今だとJ - POPって事になるんだろうけど、
J - POPと言うよりニュー・ミュージックと言うほうが近い感じの音ですね。
わかる人にはわかると思うけど、
松任谷由実じゃなくて荒井由実みたいな・・。

そして この人達の作曲能力はほんとに凄いです。
作曲に何か法則でも有るんですかねぇ?
これで詞を松本隆あたりが書いていたら・・。

自分は J - POP と称する音楽を切り開いて聴くほど興味が無いもので、
このLampも全く知りませんでした。
なのでこんなバンドが10年も活動していてアルバムを7枚も出していたなんて驚きです。
youtubeで Lamp の曲を聴いた外国人が、
「世界の素晴らしい音楽はいつも隠されている」
とコメントをしていたが、まさに!

しかもこんな素晴らしいバンドなのにインディーズだなんて!
初期の作品は絶版でプレミア価格になってるし・・。
ほんと日本の音楽シーンってどうかしてる。。



 

以下はこのアルバム”ゆめ”収録じゃないけど、
雨空のビーチー・ボーイズと言った感じのこれや




和風バカラックなこれ、




どれも素晴らしい。





| music | 22:04 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

snowbird





Snowbird - Moon




snow.jpg




10年ほど使っていた携帯が壊れました・・。
これを機に今まで頑に持つことを拒絶していたiPhone にしたのですが、
遊べるツールが多く、今更まさかの instagram にハマってしまい、
街や動物や気になった対象物の写真を撮りまくりです・・。

あと、スマホを持っても絶対にやるまい! と思っていたLINE。
近くても疎遠になっていた友人・知人からLINEを通して連絡が来て、
家に居ながら飲み屋気分です。
ものは経験ですね w
つーことで本題 。

ようやく自身の音楽活動をする気になったのか?
Cocteau TwinsSimon Raymond の新プロジェクト、
Snowbird のデビューアルバム! 
出ました w w w w

音の方は・・と言うと、
イメージどおりの Cocteau Twins 風。
それも4ADじゃ無くてフォンタナ 時代の。
オーガニックな Cocteau Twins てな雰囲気。







それにしてもサイモン・レイモンドはコンポーザー、アレンジャー、
プロデューサー、マルチ奏者として本当に天才!!
Cocteau Twins は3人共が天才だったが、
この人が居なければ This Mortal Coil の音もあんな風になってなかっただろうし
XTCアンディー・パートリッジ のように評価されても良いと思うのですが。

で、今回のプロジェクトのお相手は女性SSW のStephanie Dosen で、
Bella Union よりフォーキーなアルバムをリリースしていた人です。

stepha.jpg


Snowbird での彼女の声はサイモン の手により、ソフトに歌っている時の
エリザベス・フレイザー の声のように聴こえます。
もしかして このプロジェクでのボーカルは、
エリザベスを念頭に置いて発進したプロジェクトなの?
って思えるほど。
それなら いっそ Cocteau Twins を再結成すれば良いのにね。

ちなみに、このステファニー はニット・デザイナーでもあり、
自分のブランドを持っているのだそう。
(amazonに本があります。)

初回盤?はオリジナル盤とremix盤のCD2枚組で、
おまけ程度かと思って聴いてみたremix盤の出来も
素晴らしいフォーキー・アンビエントに仕上がってますよ!

リリースは Cocteau Twins 解散直後にSimon Raymond Robin Guthrie
(共にcocteau twins)で立ち上げた自身のレベル Bella Union
最近ではmarissa nadler のアルバムがリリースされていて、
地味だけどメロディーで勝負できるアーティストがゴロゴロしている
とっても良質なレーベルです!


教会でのLiveもいい感じです。







| music | 00:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Date of Birth





Date of Birth - 夢と涙の日々



yumeto.jpg


Date of Birth
が活動停止状態に入って15年くらい経つのかな?
巷では「知る人ぞ知る ~ 」的な紹介をされているようだけど、
このDate of Birth と言う名前を知らなくとも曲を聴けば、

『あぁ~!』

って なる人も多いはず。





80年代の終わり頃はCMやドラマの主題歌で多くの曲が使われていましたし。
個人的には Date of Birth の曲を聴くと、
4AD・流行通信(雑誌)・花椿(資生堂の冊子)・ワコール・大内順子・三上博史
など、甲田 益也子(dip in the pool)と被るキーワードが頭をよぎります。
関連がある物ばかりじゃ無いですけど・・。

で、自分が最初に聴いたDate of Birth のレコードは自主制作でリリースしていた
”Around +Around” と言う10インチのミニ・アルバムでした。

全盛期だった80年代中期の 4AD が日本のバンドと契約したぞ!
という耳を疑うようなニュースを音楽雑誌で読み、
「いったい どんなバンドやねん!」
と興味津々にレコ屋にダッュしたのが切っ掛けです。



当時の4AD オーナー、
アイヴォ・ワッツ・ラッセル
がイギリスの輸入盤バイヤーから渡された
彼らの”Around +Around” を気に入ってコンタクトして来たとか何とか。。
実際に Date of Birth 4AD とサインする段階だったそうだが、
契約条件の「イギリスへ活動拠点を移す」と言う条件が飲めず、
4AD との契約を蹴ってしまったのが残念です。

Date of Birth
の3兄弟+1は福岡で自身のレコーディング・スタジオを経営し、
そこでプロデューサー、エンジニアとして根を下ろしていたため、
イギリス移住の条件に同意できなかったようです。

彼らの音楽って日本の歌謡曲やニューミュージック的要素と
英国の打ち込み系エレポップが程よく混ざり合っていて、
アイヴォDate of Birth に日本版 COLOURBOX 的な立ち位置を見ていたのかな?

当時の4AD がプロデュースする定番の音作りだった
深い深いエコーとディレイで反響するDate of Birthって、
どんな仕上がりになっていたんかなぁ?
なぁ〜んて、今でも思います。

この”夢と涙の日々” は日本のメジャーへ移籍してからの初アルバムなんだけど、
日本のメジャー・レーベルと言うことで、全曲の歌詞が日本語で、
より耳障りの良いニューミュージック路線へ向かっている気がします。

でも、曲が良いから発売から20数年が経った今でもCDで買いなおして愛聴しております。


| music | 02:12 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。