hammocker's BLOG.

2012年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Philodendron "Joepii” の花


Joepii's Flower



jop4.jpg


この時季になんでか理由はわからないけれど、"joepii" に花がつきました。

しかしコレ、咲くのでしょうか?

11月も半ばの頃、新たに展開していた葉の付け根に切れ目のような溝が出来ていた。

程なくして その溝が盛り上がり、中から芽のようなのが飛び出して来た・・。


jop3.jpg


最初は枝分かれでもするのかな?

などと思っていたのだけど、どうも様子がへん。


そして盛り上がりを確認してから、はや2ヶ月 。

マジでこれ咲くんですか?

フィロデンドロン
ってどの種も蕾みが現れて花が咲くまで こんなに時間がかかるのか?


そんな謎を解決すべく、とりあえずググってみた・・。

でも、意外とフィロデンドロンの花について語られたサイトって無いんですよね。。

しかも説明と画像は”セローム”のばかりで、

”ジョーピィー”の花は画像すら有りませんでした。

jop6.jpg


どうにか見つけたフィロデン・マニアのサイトでは”セローム”を例に説明されていて、

フロリダ州中部あたりでは6月中旬から〜8月にかけて開花すると書かれていた。

しかし、いま日本は真冬じゃないっすか〜。

開花期間は記されていなかったけど、蕾みの成長スピードが遅いのは温度のせい?

成長スピードは遅いながら、とりあえずは開花準備に向かっているようで、

蕾み周辺と葉のステムは受粉のための甲虫を呼ぶ "蜜" でベチョベチョ。

どうせなら受粉させて種子を収穫したいんですが、

こんな寒い時期にコガネムシがいる訳ないよな・・。

とりあえずフィロデン・マニアのサイトを参考に人工授粉でも頑張ってみますかね。

jop7.jpg

現在は↑の画像より蕾みが上に向かって立ち上がって来ている所です。

これが咲いたら水芭蕉の花に似た花が咲き、

咲く前に蕾みの先が37℃ほどの熱を発し、受粉 O.K.になるそうなのだが・・・。

つか、その前に咲くのか?

情報求む!!


ちなみにベチョベチョの蜜ですが、

とりあえず死にゃぁしないだろうと、舐めてみたら水飴のような味だった・・。




スポンサーサイト

| Philodendron "Joepii” | 16:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。