hammocker's BLOG.

2013年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年06月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

felt ”カスピの詩人”





Felt - Ignite the Seven Cannons


FELT.jpg



コレ、今聴くと繊細な枝葉を持つ観用植物みたいなサウンドだなぁ〜。

揺れる葉の間から窓越しの光がこぼれるネムノキのよう。


植物にクラシック音楽を聴かせて育てると元気に育つらしいが、

Felt を聴かせて育てれば繊細で優雅に育つかも・・。

植物に語りかけるのも良いそうだが、

流石にそれをすると 自分はノイローゼなんじゃないのか?

とか もう一人の自分に問いかけられ、逆に自己破壊につながりそうだしw



つーことで Felt の 4枚目のアルバム

"Ignite the Seven Cannons" のリマスターCD を入手しました!

正確には諸事情によりアナログ・レコードを無くしたので、CDで買いなおし。

しかも彼らの古巣 Cherry Red よりのリマスター&紙ジャケでの再発!

たしか当時の邦題は ”カスピの詩人” だったはず・・。



ほろ苦くも甘い青春サウンドです!

あっ、嘘・・。

この音楽のように純粋でキラキラした毎日が流れるように過ぎて行った

そんな時代です。

そして現在の塞がった状況下でコレを聴いていると

「最近オレの目、濁って死んでないか?」

「鮮魚コーナーでパック詰めされたサバの目みたいになってないか?」

「岡田克也みたに水晶体が腐ってないかい?」

って、自身に問いたい気分にもなってくる・・。





このアルバムがリリースされた頃にはCDなどと言う代物は無く、

レコード屋には その名のとおりアナログ・レコードが並んでいた訳であります。

そして、通いつめていたレコ屋の展示棚から、このジャケットが私を呼んだんですw

今や誰もやんない『ジャケ買い!!』ってヤツですね。

ちなみに、レコードとCDではジャケットのサイズが違うので、

再発CDのジャケは若干レイアウトが変わっています。。



で、これはフェルト最高傑作にして彼らのターニング・ポイント的なアルバムですね。

Cherry Red 時代を象徴するモーリス・ディーバンク (g) Creation 時代を担う、

プライマル・スクリーム
マーティン・ダフィー (key)が共存した

唯一のアルバムであり、Cherry Red
Record からのラスト・アルバム 。

このアルバムを最後に Creation Record へ移籍。

そしてディーバンクが脱退。

以降、ダフィーによるオルガン主体のサウンドへと変貌して行きます。



で、このアルバムの異色な所がCherry Red からのラスト・アルバムにして

4AD 臭プンプンなサウンドであること。

プロデューサーに迎えられたのがロビン・ガズリー(コクトー・ツインズ)で、

エリザベス・フレイザー
(コクトー・ツインズ)
(vo.)で参加。

ジャケット・ワークが 23 envelope と言う 4AD フル装備。

空間的音作りからアート・ワークまで!

まぁ、4AD 臭くもなりますわな。

'85年リリースだから、もう28年も経過するんですね(泣)

今の音楽のように音数は多くないけど、ある意味アンビエントに繋がる

素晴らしいアルバムです!









スポンサーサイト

| music | 00:28 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。