hammocker's BLOG.

2013年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Biff Bang Pow ! "Love is Forever"



Biff Bang Pow ! - Love is Forever


biff.jpg



80代に腐るほどあったギター・ポップ主体のレーベルを尻目に、

oasis
primal screammy bloody valentine
など、

インディーズ・レーベルの枠を超えたビッグ・バンドを送り出した creation records

そのクリエイションのオーナーであったアラン・マッギーが自ら率いたバンドが

Biff Bang Pow !




なんと言いますかぁ〜。

初期の primal scream のような内省的でヘロヘロでダメダメ感満載の音楽だけど、

とても琴線に触れるサウンドを奏でておりました。


そんな Biff Bang Pow ! の4枚目のアルバムだったっけか?これは。



"Love is Forever"
‥‥。

ど〜でもいいけど、

ちょっと回路がアレなヤンキーの口癖みたいなアルバム・タイトルですわ。

今の感じで言うと、「らぶ いず ふぉえば〜。じゃね?」 なのかな・・。


当時、レコード店 (懐) でこのLPを手にしたとき、

そのベタで寒いタイトルに買うの止めとこかな?

と迷ったもんだが、予想に反してとても良いアルバムなんですよね〜。

個人的には Biff Bang Pow ! のアルバムの中でコレが一番好きです!





sweet & sad なメロディー。

ダメ男の哀愁漂うと言いますか、女々しさと言いますか。。

酒と煙草と女と絶望・・。

もうワンショット開けてから、あっちの世界へ旅立つとするかぁ。

とりあえず頑張ってみたけど彼女の居ない人生なんてもう無理。 みたいな。。



まぁ、歌詞はそんなんじゃ無いみたいですけど、曲にそんな雰囲気が漂っている。

当時は ”ちょっとセンチな青春の迷い”的なレビューを書かれていたけど、

おっさんと呼ばれる年齢になったらなったで、

ちょっと”ブルーなオヤジの苦悩” 的な音に聞こえて来るから あら不思議 w






どこかのレーベルさん、(チェリーレッド辺り)

このアルバムのリマスターCDを再発してくれませんか?

ドイツでCD-R盤みたいなのが出てたみたいだけど、飼い逃してしまったので宜しく!

涼しい季節になると、夜な夜な酒のあてになるアルバムなんですよね〜。

  



スポンサーサイト

| music | 18:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。