hammocker's BLOG.

2014年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Lamp


Lamp - ゆめ





lamp.jpg



自他ともに認める”オッサン”な年頃になると、
初見の音楽が琴線に触れることが少なくなって来るようです。
神経が鈍くなると言うのか・・。

その反面、ベタなメロドラマで簡単に泣いてしまいます;;
あれって、どう言うことなんでしょう?
琴線に触れないのに泣けるって、パブロフの犬的な条件反射なのかなぁ。。
あっ、これ可哀想なヤツや。 = 涙。 みたいな、
心を経由せずに脳が涙を流す指令を出すのかな?

しかし、そんなユルユルで張りの無いオッサンの琴線を久々に調律してくれるバンドが登場しました!!
追って他のアルバムを買おうと言う気になるほどハマるバンドって何年ぶりだ?
しかも日本のバンドで。。

それが Lamp と言う日本の3人組なんだけど、ほんと素晴らしい!
60s後期〜70s中期あたりのソフト・ロックとかフォークとかブラジル音楽とかプログレまでが混ざり合い、
それでいて邦楽。
こう言う言い方をしちゃダメかもしれないけど、A&Mなニュー・ミュージック。




日本の音楽だから、今だとJ - POPって事になるんだろうけど、
J - POPと言うよりニュー・ミュージックと言うほうが近い感じの音ですね。
わかる人にはわかると思うけど、
松任谷由実じゃなくて荒井由実みたいな・・。

そして この人達の作曲能力はほんとに凄いです。
作曲に何か法則でも有るんですかねぇ?
これで詞を松本隆あたりが書いていたら・・。

自分は J - POP と称する音楽を切り開いて聴くほど興味が無いもので、
このLampも全く知りませんでした。
なのでこんなバンドが10年も活動していてアルバムを7枚も出していたなんて驚きです。
youtubeで Lamp の曲を聴いた外国人が、
「世界の素晴らしい音楽はいつも隠されている」
とコメントをしていたが、まさに!

しかもこんな素晴らしいバンドなのにインディーズだなんて!
初期の作品は絶版でプレミア価格になってるし・・。
ほんと日本の音楽シーンってどうかしてる。。



 

以下はこのアルバム”ゆめ”収録じゃないけど、
雨空のビーチー・ボーイズと言った感じのこれや




和風バカラックなこれ、




どれも素晴らしい。





スポンサーサイト

| music | 22:04 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。