hammocker's BLOG.

2014年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Lanterns on the Lake


Lanterns on the Lake -

                   Until the Colours Run



until.jpg





20代も後半にさしかかった頃だったか?
夕暮れ時に近所のお惣菜屋へ酒の肴にする”おでん”を買いに行った時のこと。
私が何も容器を持参しなかったもんだから、
買った”コンニャク”と”おでん汁”を透明のビニール袋に入れ、
輪ゴムで縛って渡してくれた。

そのとき ”おでん” でパンパンになった袋を手に下げた私の姿を
上から下へと見下ろしながら惣菜屋のオバチャンが言った。

「おに〜ちゃん 若いし、お腹減るやろ? これサービスしとくし、これも食べ 」

と  ハムカツ(ひき肉と野菜をカレーで炒めてハムで巻いたのをフライした物)
の1パック3個入りをサービスしてくれた。

帰り道、「ラッキー!」と思いつつ、
なぜ私の姿を見てサービスしてくれたのかなぁ。
と考えていて、ハッ!と気がついた。

そのとき私が着ていたリーバイスの3rd.
インディゴの良い感じの色落ち具合や袖口や襟周りなどのクラッシュ加減が気に入って
古着屋で買った一品。

きっと惣菜屋のオバチャンの目には服も買えず、ボロをまとった長髪の若者が
ポケット銭を叩いてコンニャクばかりを買って行くように映ったんだろう。。
不憫な子やなぁ〜。
って... 。

第一印象 ”不憫な人”・・ w

でも そのGジャン、けっこう高価だったんだけど・・。


さてさて、Lanterns on the Lake が 2nd アルバム
”Until the Colours Run” をリリースしました。






これが前作にも劣らない快心作!
肌寒い小雨の日のような、愁いを帯びたメロディーが
荒み行く心を潤すように染みて行きます。

しかし相変わらず日本じゃ人気無いんですよね〜、この人達。
多分、地味な印象が良く無いんだろう。
地味に聴こえるサウンドも、冴えないファッションも
若いのか中年なのか よう解らん この人達のルックスも、
見る人によってはハムカツをサービスしたくなる感じかも・・w

一聴してインパクトを感じるキラー・チューンってのは無いけど、
ジワジワ〜と染みて来るし、
聴くたびに味が出て来る素晴らしいアルバムなのに・・。
やっぱ日本じゃタレント性が重要なポイントなんだろうね。

人間も音楽も見かけじゃなく中身が重要だと言うのは真理ではあるが、
人でも何でも内に秘めた人間性や性能は
ある程度の接触がなければ理解出来ないし シンパシーも感じない訳で、
やっぱ人の判断を左右する上での第一印象って大きいんだろう・・。








スポンサーサイト

| music | 17:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。