hammocker's BLOG.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

colourbox






Colourbox 1982-86 
4CD BOX SET


boxx.jpg


Colourbox "カラーボックス" 結成30周年記念として

彼らの全キャリアを網羅した4枚組ボックス・セットが発表された。





アイヴォ・ワッツ・ラッセルがレーベル・オーナーであり、

cocteau twins
, Dead can Dance 辺りが主力アーティストだった80年代中期の4AD

レーベル所属アーティストに共通する特徴として

ディレイやリバーブを多用した奥行きと浮遊感溢れる音処理がなされていた。

それらは"耽美サウンド"と形容され、今のように簡単に試聴など出来なかった当時、

ファンにとっては安心して”レーベル買い”が出来たレコード・レーベルでした。

今となっては音楽上での「耽美」って死語のようなもんですが・・。


そんなアーティストに統一感があった当時の4ADの中で

レゲエ
ダヴ60s POP音声コラージュなどをミックスした

異質な音を奏でていたカラーボックス。








主要メンバーはマーティン&スティーブン・ヤング兄弟

黒人女性ボーカルのロリータ・グラハム

その音はリズム・ボックスやYAMAHAのDX7などを駆使した

チープなエレポップながら素晴らしいポップ・アルバムを発表していました。


作品は8枚のシングルとアルバム1枚のみ。





Colourbox
としての活動歴は'86年くらいからストップしているけど、

結成30周年記念盤って、まだ正式には解散していないって事なのかな?

確かに解散のアナウンスは出てないようだけど・・。


んで、この30周年記念ボックスは全曲マーティン・ヤングにより

リマスターされているのだけど、マスター・テープの状態が悪かったのか? 

アレ?って感じる場所が所々にありました・・。

それでも盤起こしのCDよりはクリアな音に変貌している感じですかね。



内容は Colourbox 名義で発表されていた全音源と未発のBBCセッション。

BBCセッションではバート・バカラック"the look of love" までカバーしていて、チョット意外。

デビュー・アルバムではあのウィリアム・オービットがギターで参加していたり、

今聴いても素晴らしく、時代を超えて楽しめるアルバムですね。

cbc.jpg

当時の 4AD はレーベル内にフォトグラファーとグラフィックデザイナーからなる


23 envelope
と言う専属のデザイン・ユニットを抱えていて、

彼らが ほぼ総てのジャケットや広告媒体のビジュアル・デザインを受け持っていた。

その彼らが作り出すジャケットはどれも素晴らしく、

そのアーテイストの音を明確にビジュアル化させていたと感じられます。

そしてこのボックスセットは当時のデザインを少しレイアウトし直したジャケットで、

低価格な割にパッケージングも凝っていて流石4ADと言った感じに仕上がってます。

ただ、当時のクオリティーと比べると

使われている紙質や印刷のクオリティーが劣っていることは否定できませんが・・。

まぁ、この低価格だとその辺りは仕方ないのかなぁ~。と・・・。


その仕様は、箱を開けるとアルバム7インチ・シングル12インチ・シングル

BBS sessionと4枚に別けられたCDと、全シングルのミニチュア・ジャケットが挿入されています。


収録曲
 
CD 1:

01 Sleepwalker
02 Just Give 'Em Whiskey
03 Say You
04 The Moon Is Blue

05 Inside Informer
06 Punch

07 Suspicion
08 Manic

09 You Keep Me Hanging On
10 Arena

11 Edit The Dragon
12 Hipnition
13 We Walk Around the Streets

14 Arena II

15 Manic II
16 Fast Dump
17 Sex Gun


db.jpg
CD 2:

01 Baby I Love You So (7" version)

02 The Official Colourbox World Cup Theme (7" version)

03 Hot Doggie

04 The Moon Is Blue (7" version)

05 Breakdown [Version 1] (7" version)

06 Tarantula [Version 1] (7" version)

07 Philip Glass

08 Looks Like We're Shy One Horse (7" version)

09 Say You (7" version)

10 Fast Dump (7" version)

11 Keep on Pushing
12 You Keep Me Hanging On (7" version)

13 Breakdown [Version 2] (7" version)

14 Tarantula [Version 2] (7" version)

15 Shadows in the Room
16 Punch (7" version)

ccb.jpg

CD 3:


01 Looks Like We're Shy One Horse / Shoot Out (12" version)

02 Baby I Love You So (12" version)

03 The Official Colourbox World Cup Theme (12" version)

04 Breakdown [Version 1] (12" version)

05 Tarantula [Version 1] (12" version)

06 Say You (12" version)

07 Fast Dump (12" version)

08 The Moon Is Blue (12" version)

09 You Keep Me Hanging On (12" version)

10 Breakdown [Version 2] (12" version)

11 Tarantula [Version 2] (12" version)

12 Punch (12" version)


cfd.jpg


CD 4:


01 Shotgun

02 Keep on Pushing

03 Nation 

04 Justice
05 Arena [Extended Version]

06 Punch ( BBC Session )

07 Kill It ( BBC Session )

08 Bleach ( BBC Session )

09 Water Up the Tap ( BBC Session )
10 The Look of Love ( BBC Session )

11 You Keep Me Hanging On ( BBC Session )

12 The Wanderer ( BBC Session )

13
Low Rider ( BBC Session )





スポンサーサイト

| music | 20:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは。
ほんとに4ADのジャケデザインはステキでしたね(^^*
カラーボックスのアルバムはちゃんと聴いた記憶がないのですけど、
ジス・モータル・コイルに参加してたので、あとはシングル曲を耳にしたくらいです。
Dartsさんが既に書いてますけど、音としては4ADのカラーと比べて明るくて少しファンキー♪
で面喰らった記憶があります。
サッカー好きな友達が昔、カラーボックスがワールドカップの曲を書いた、と言っていたような…??
余談ですけど、私の好きな“You Keep Me Hanging On”をカヴァーしていて嬉しいですわ!

| パイクマン | 2012/06/15 22:30 | URL |

バイクマンさん

こんばんは。
バイクマンさんも4ADは馴染みあるレーベルだったようですね。
やはり多分、近い世代なんでしょうね。
当時はまだLPサイズのレコードだったのでジャケットの存在感が今のCDとは全然違ってましたよね。
今はもうCDに慣れてしまいましたが、
良いグラフィックのジャケットに出会うとLPサイズじゃ無いコトを残念に感じます。

そうそう、当時自分もThe Official Colourbox World Cup Theme の12インチを買ったとき、
カラーボックスがワールドカップのテーマを作ったのかと思いました。
でも、あれってカラーボックスが勝手に作っただけみたいですよ・・。
なかなか勇ましいミニマル・ソングだったんですけどね。
そして“You Keep Me Hanging On”は もう誰がオリジナルなのか解らなくなるくらいカバーされてますよね。
カラーボックスと同じ頃にはキム・ワイルドもやってましたし。
そしてカラーボックスのはヴァニラ・ファッジの“You Keep Me Hanging On”と言うよりシュープリームスのヴァージョンのカバーと言った仕上がりですね。
カバーのカバー??
http://www.youtube.com/watch?v=GgWcxhMOHCA

| Darts | 2012/06/17 01:34 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://luckydries.blog85.fc2.com/tb.php/38-4ea20484

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。