hammocker's BLOG.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Philodendron "Joepii” の花 その後


Philodendron "Joepii”




jeo.jpg


フィロデンドロン”ジョーピィ”
の蕾み、その後です。
とりあえず、咲きました!!
待ちくたびれました!
咲くのに日にちがかかり過ぎて、その後を更新するのを放棄してました。


その花は蕾を確認してから花が開くまで3ヶ月もかかったのに、
開いた花は1日半で閉じてしまいました。
その間、受粉させたくても雄花部分に花粉が確認出来なくて・・。


はて?
youtubeで見たフロデンドロン”セローム” は見ているだけで
鼻がムズムズしてきそうなほど花粉が溢れていたのに。

と思いつつネットを開いてみると、フィロデンドロン の受粉メカニズムは
昆虫と緻密な関係にあるようだった。
なにぶん説明が英語de専門用語なので いまいち良く解らないのですが、
画像では花の開き始めから蜜につられた昆虫がビッシリと群がっていたので、
この昆虫に刺激されて花粉が出て来るのかも?

f_j.jpg
上の画像↑の白いウインナーみたいなのが花の本体で、そのウインナーの上半分が♂の花で下半分が♀の花です。

で、蜜に釣られた昆虫を花の中に少しでも長く閉じ込められるよう、花の中心部分から37℃ほどの熱が発せられるそうだ。

この37℃と言うのは花の中で出会った昆虫に交尾を誘発する温度なのだとか。。。
昆虫にエッチな気分を誘発させ、少しでも受粉確率を上げようと言う作戦ですな w

しかし日本の真冬に虫など居る訳も無く、
花粉が出て来ない我が家の”ジョーピィ” の人工授粉は無理っぽい。

とりあえず、花が咲くのも花粉が出るのも昆虫が受粉を手伝うのも夜なので、夜に花の上を虫が歩いていてますよ〜。
的な感じに歯ブラシでコスコスと刺激してみた。。



そして数時間後に再び花粉チェックをしてみたものの・・。
何となく皮を剥いたトウモロコシみたいな割れが出ているような気もするが、
ほぼ変化無しです。。

いや〜。もう季節が季節なだけに日本じゃ無理か?
と、ハブラシで強めに強制受粉まがいのコスコスを半ば投げやりに・・。
次の日の朝、完全に閉じた花は下向きにうなだれていた
枯れるな 。 これは・・。

164820_1898438127_158large.jpg


それから、ほぼ1ヶ月ほど経った今日、
花が食べた後のバナナの皮みたいな姿で下に落ちていたw

164820_1898438126_36small.jpg


そのバナナの皮みたいな花を拾って
「花が咲くのに3ヶ月もかかったのに、1ヶ月ほどで結実する訳ないわな〜」 と
何となく皮を広げてみると、雌花の部分(右側半分)に
ビッシリ産みつけられた虫の卵みたいな丸い物体が・・。
水草に産みつけられたタガメの卵みたいw
まだ、茶色くて固くないけど、種子なのか?

んな訳ないわな・・。

うむ〜。花粉を発生されるメカニズムってあんのかな?


スポンサーサイト

| Philodendron "Joepii” | 23:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://luckydries.blog85.fc2.com/tb.php/55-03977dc6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。