hammocker's BLOG.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

fleeting joys





Fleeting Joys -

despondent transponder




joys.jpg


”指名待ちの疲れた中年ホステス”
みたいなこのジャケット。
ジャケのダサさに定評がある(一部除く)シューゲイザーの中でも
上位に食い込みそうな出来・・。
今のようにNetで試聴できなければ、ジャケ買いされることなど
ほぼ無いだろう。。
正直センスを疑うレベル w


でも そのサウンドはと言うと、ダッサダサなジャケットに反して素晴らしい出来!
ボーカルもメロディーも甘く、輪郭が見えないトレモロ爆音ギター。
ヘタにデジタル感が現れる機器を使わず、本家より本家らしく、
アフター "loveless" ってな感じ。
まぁ、一言で言うと マイブラ・フォロワー w







今や My Bloody Valentine "loveless" が語り継がれる名盤であることは承知の事実だけど、
このアルバムが80年代に出ていたら、今のマイブラ のように大物に成ってたのかな?
な〜んて思えるほど。
まぁ、 "loveless" 有ってこそ生まれたアルバムなんだろうけど・・。
そう考えると やっぱ "loveless" って重要なアルバムだったんだなぁ。
と改めて感じます。

ただ、近年の世間的マイブラ の扱いってど〜なんですかねぇ?
個人的にはマイブラ は神扱いされ過ぎだと思うけどね。
90何年だったっけか?
EPの"soon"が出たときのライブを観たんだけど、酷いライブだったんだけど・・w
"loveless" も凄い良いアルバムだと思ったけど、
cocteau twins "treasure"を聴いた時ほどの衝撃もなかったしなぁ〜。

で、マイブラ"loveless"を発表して以降、クリエイションを離れ
20年近くの停滞期に入り、誰もがもうマイブラの新作は無いな。。と思っていた2007年、
アメリカ人夫婦によるユニット fleeting joys がこの"despondent transponder"が発表しました。

初めてこれ聴いた時はもう、マイブラ は新作を発表しなくてもいいかも・・。
と さえ思えたほど、ソックリでビツクリしたもんですw
その後、fleeting joys は2ndアルバムをリリースしているのですが、
そちらは未聴です、、。
なんでもサイケデリックなアルバムだとか・・。

まぁ、本家が奇跡的に新作をリリースしちゃったんでね〜。
クリソツ・フォロワーとしてはツライよね〜、やっぱ・・・。

| music | 22:15 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Jadice Holsen






Jadice Holsen - La La La



hols.jpg



タワー・レコードと肩を並べる規模でヴァージン・メガストアが存在していた頃。
90年代の初期頃だったっけなぁ?

当時のフランスでは移民によるジプシー音楽が流行っていたのかは知らないけど、
やたらその手の音を匂わす音楽が多かったような気がします。
そんな中、自分が持っているフレンチ・ポップのイメージの枠の中へ
直球で飛び込んで来たのがこのCD。
しかも豪速球!!

イメージどおりのロリータ・ボイス! しかも吐息系!! w
キャッチーなメロディーにフレンチ大道芸的な音作り。

その絵に描いたようなフレンチ・ポップが素晴らしすぎて、
同時期にレニー・クラビッツと組んで、
全曲英語でロックなアルバムを出したバネッサ・パラディなんて糞食らえ!
と思ったもんです。。
(白状すると、あのアルバムも大好きですが・・)

とにかくヴァージン・メガストアの試聴機から、
即レジに向かったのを覚えています。
まぁ、いま改めて聴き返すと時代を感じる音作りではありますが・・。
当時は瞬殺されました w





youtubeにも3曲しか上がって無いのですが、シングル曲が上がってないのが残念


しかし、この jadice holsen と言うアーティスト、
いったい何者なんですか?

hol.jpg

このCDが好き過ぎ、次のアルバムを待ち焦がれて早20年。
南フランス出身と言うこと以外、全く情報が見つからない・・。
yahooフランスの検索エンジンを使ってもアルバムと7'シングル↑画像以外、
アーティストのプロモ写真1枚すら出てきません。。

誰か情報をお持ちの方、教えてくださ〜い!!!


| music | 11:10 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

TOY





Toy - Toy





toy.jpg




ふらっと立ち寄ったレコード屋の7'epコーナーで目に入った とあるジャット。
そのレコードのポップ書きには

「初期YMOがラウンジになったようなオモチャ箱サウンド」

とかなんとか意味不明なレビューが書かれてたっけ・・。
まぁ、そんな説明よりジャケットに呼ばれている気がして、一目惚れ購入。

あの説明の音ってどんな音?
家で針を落としてみると トイトロニカ!
しかもサウンドがチャーミングで素晴らしくって!!

インスピレーションって、た・い・せ・つ 〜 !!!!!

って、空に向かって叫び出したい気分になりました。
それがこの ep で イギリス人とノルウェー人の2人組、
TOY"Rabbit Pushing Mower"

toyr.jpg
           7'ep "Rabbit Pushing Mower"


さる事情で今はもうこのepを所有して無いんだけど、
北欧のレーベル Telle からのリリースで、たしかノルウェーだったか?

このepをリリースした後、レーベルの閉鎖でしばらく沈黙がつづき、
忘れた頃に2枚目の 7' ep をsmalltown super sound よりリリース。
そして再沈黙の後、2006年に遂にアルバム発表!  ↓ full試聴





いやぁ〜、期待どおり素晴らしい !

待ってて、よかった 〜 w w

アルバム発表直後、レーベル・メイトのアーティスト何組かと来日。
smalltown super sound 祭りてきな・・。

そりゃ、どんなライブをするのか気になったので行きましたよ!大阪まで。
この時のライブのような、ちょいアナログチックなのを期待して。。。
エレクトーン・オーケストラ! かっちょいい〜 w





しかし私が見たライブはセーターにニット帽姿の冴えないオッサン2人が、
それカシオトーンかい!? 
と思うようなオモチャみたいな鍵盤を触りつつ、
終始ラップトップに向かっている感じでした。。

この手のエレクトロニカ系デジタル・ミュージックのライブって・・。

バック・スクリーンに彼らのCDジャケットのような
ポップでレトロなウサギや子ブタちゃんの映像が流れるものの、
ショーとしては全く成り立たないって言うか、エンターテーメント色が皆無 w
かと言って発散できるほどダンサブルなビートがある訳でもなく・・。
海外ではこの動画みたいな面白そうなライブやってんのにな〜。

やっぱ家でまったりCDを聴くタイプの音楽だな。
アルバムは最高なんすけどね!






| music | 02:04 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Guitar


Guitar - Tokyo




guitar.jpg



これは Guitar の3枚目にあたるアルバムなのか?4枚目なのか?
2006年に2枚同時発売になった "Tokyo" と言うタイトルがついた方です。

ドイツのmorr music よりデジタル・シューゲイザーの名作
"sunkissed" でデビューしたGuitar ですが、
この ”Tokyo” はこれまでの作品と違って少し異色なアルバムで
タイトルどうり日本の伝統を強く意識した音作りがなされております。

海外のアーティストが日本に影響されて作ったと公言する作品って、
メロディーも使われている楽器も

「それ中華風ですけど・・。」

とかってのが多くて、萎えることが多々あるのですが。。


でもこの作品はメロディーにも日本を感じるし、
琴や琵琶などの楽器とデジタル機器を上手く融合させてます。
日本の古典音楽を新しいスタイルに焼き直した匂いがして
coolなんですよね。





この辺りのシッカリした日本感は "sunkissed" でゲスト参加していた
ボーカリストのアカシバ・アヤコが正式メンバーになったのが大きいのかも。
ただこのアルバムは、ほぼボーカル無しのミニマル・エレクトロニカって感じだけどね。

でも個人的にはGuitar のアルバムの中でいちばん好きかも。
妙に懐かしい時代の正月感をかもし出している所が。。。
なんか年始営業のそば屋のBGMに使われてそうな感じだけど・・ w




ちなみに同時発表になったもう一方の"Saltykisses"の方は
いつもどうりギター音がシュワシュワでPOPなデジタル・シューゲイザー作品になっております。


OFFICIAL SITE
http://www.sunkiss.de/





| music | 02:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Biff Bang Pow ! "Love is Forever"



Biff Bang Pow ! - Love is Forever


biff.jpg



80代に腐るほどあったギター・ポップ主体のレーベルを尻目に、

oasis
primal screammy bloody valentine
など、

インディーズ・レーベルの枠を超えたビッグ・バンドを送り出した creation records

そのクリエイションのオーナーであったアラン・マッギーが自ら率いたバンドが

Biff Bang Pow !




なんと言いますかぁ〜。

初期の primal scream のような内省的でヘロヘロでダメダメ感満載の音楽だけど、

とても琴線に触れるサウンドを奏でておりました。


そんな Biff Bang Pow ! の4枚目のアルバムだったっけか?これは。



"Love is Forever"
‥‥。

ど〜でもいいけど、

ちょっと回路がアレなヤンキーの口癖みたいなアルバム・タイトルですわ。

今の感じで言うと、「らぶ いず ふぉえば〜。じゃね?」 なのかな・・。


当時、レコード店 (懐) でこのLPを手にしたとき、

そのベタで寒いタイトルに買うの止めとこかな?

と迷ったもんだが、予想に反してとても良いアルバムなんですよね〜。

個人的には Biff Bang Pow ! のアルバムの中でコレが一番好きです!





sweet & sad なメロディー。

ダメ男の哀愁漂うと言いますか、女々しさと言いますか。。

酒と煙草と女と絶望・・。

もうワンショット開けてから、あっちの世界へ旅立つとするかぁ。

とりあえず頑張ってみたけど彼女の居ない人生なんてもう無理。 みたいな。。



まぁ、歌詞はそんなんじゃ無いみたいですけど、曲にそんな雰囲気が漂っている。

当時は ”ちょっとセンチな青春の迷い”的なレビューを書かれていたけど、

おっさんと呼ばれる年齢になったらなったで、

ちょっと”ブルーなオヤジの苦悩” 的な音に聞こえて来るから あら不思議 w






どこかのレーベルさん、(チェリーレッド辺り)

このアルバムのリマスターCDを再発してくれませんか?

ドイツでCD-R盤みたいなのが出てたみたいだけど、飼い逃してしまったので宜しく!

涼しい季節になると、夜な夜な酒のあてになるアルバムなんですよね〜。

  



| music | 18:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。